コインランドリーをfcで展開する時のポイント - コインランドリーfcに加盟するメリット

コインランドリーをfcで展開する時のポイント

subpage01

コインランドリーは全国におよそ16、000店舗ありますが、fcで経営しているところは少なく、全体の1割もありません。


つまり、町中にあるコインランドリーのほとんどはfcではなく個人経営のお店になります。

コインランドリーのfc情報の公開中です。

個人経営のお店の場合は、初期費用はfcに比べると安くなり、毎月ロイヤリティーが発生しないため売り上げの家経費をさし引いた分はすべて利益になります。


ですが、コインランドリーはまったくの素人が経営をしてすぐにうまくいくほど簡単なものではありません。

個人で行う場合に比べると、fcには様々なメリットがあることがわかります。その1つは、経営が軌道に乗るまでは、専門のコンサルタントが、丁寧に経営をアシストしてくれることです。

個人でお店を開く場合には、コンサルタントを雇えば経営のアシストをしてくれますが、それなりのお金がかかってしまうため注意が必要です。

また、コインランドリーは、利用している洗濯機によって汚れの落ち具合がずいぶんと変わってきます。

初期の段階で投資をする場合、あまりお金をかけたくないのでできるだけ安い洗濯機を導入してしまいがちです。
ですが、それだと結果的に汚れが落ちにくくなりますので、お客さんは別のところに流れていってしまうでしょう。
fcの場合は、数々の経験上、かなり汚れが落ちるタイプの洗濯機を使っていることが多くなります。

今、話題のYahoo!知恵袋の特徴についてをいくつか紹介しています。

中には、こだわって外国製の洗濯機を利用しているところもあります。
結果的に、お客さんを獲得しやすくなるでしょう。